「上高地」上高地の味わい方

口コミの投稿者:マモル
(観光地・・・長野県 72歳)

正確な数はわかりませんが、大変な数の観光客が上高地を毎年訪れます。
それほど上高地はすばらしい観光地です。
観光バスはほとんどバスターミナルまで行き、そこから観光客は大正池方面と明神池方面と別れて歩き出します。
ここはバスとタクシーしか入れません(正確には徒歩で入れます)。
自家用車で来ても上高地手前の平湯か沢渡で駐車場に車をおいてシャトルバスに乗り換えなくてはなりません。
上高地にはいくつかの定番コースがあり、観光客はほとんどこのコースを歩きます。バスや車から降りたら交通手段は自分の足しかありません。

歩くことが嫌いな人はきてもおもしろくありません。
ひたすら歩いて楽しむ観光地です。
しかし車椅子に乗られて梓川の遊歩道をゆっくり進んで景色を楽しんでおられる人もいます。
魅力いっぱいの観光地ですが、大正池にポイントを絞ってこの上高地の味わい方をお教えしましょう。

よく上高地に行かれる人は大体、大正池バス停で降ります。
すぐ前にレストランがありますので、腹ごしらえをするか、トイレを済ませておきましょう。
バス停より坂を下って、大正池の辺にでます。
まずは大正池と焼岳の絶景、それに連なる大パノラマです。
これだけで十分上高地の魅力に触れたような感じが出ます。

池の辺に貸しボート屋さんがあります。
時間があればぜひ乗って池の中心部を目指してください。
意外とみなさん観光客は時間が決められているため、ボートに乗らないのです。

独特な素晴らしいというか感動の景観が見られます。
夏は焼岳の頂上付近の赤ただれたような赤茶の色とそれに続く真緑のコントラストはここでしか味わえません。
池のほとりを少し河童橋のほうに歩いていきますと、左側が広く開けた川原があります。
ここにも観光客がいっぱいいます。
しかし広い川原の梓川の中心部には誰もいません。

実は少し足が濡れるかもしれませんが川原の真ん中あたりまで歩いて行けるのです。
先ほどの大正池でボートで中心部にいったときの風景とはまた違った風景が見られます。
川原の白い砂の上で靴を脱いで、大文字になって寝そべってください。
この爽快さは何物にも変えがたい経験となるでしょう。

他にもたくさん味わってもらいたいポイントがあります。
決められた観光コースより少しだけコースを外れますと、全く無人となる場所が多いです。
しかしどこでもコースアウトができるわけではありません。
最近はクマの出没情報もあります。
自然を壊すような行為や植物を傷つけるような行為は厳に慎むべきです。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ