カードローンの使い道がギャンブルなどの場合には審査に落ちやすくなる

カードローンでお金を借りて、それを何に使うか?というのは結構人それぞれ違っているものですが、中には審査に通りづらい使い道があります。
審査に通りづらいというか、かなりの確率で通らない可能性が考えられるので、特定の使い道でカードローンを利用するのは厳しいこともあるのは知っておきましょう。

それはギャンブルという使い道になります。これはどうしてなのか?というと、イメージの部分も含まれるかもしれませんが、カードローンで借りたお金をギャンブルにつぎ込んでいる人の場合には、信用ができないという見方をされる可能性があるのです。

ギャンブルにお金を使っている人はどうしても負けた分を取り返そうとして、冷静な判断ができずにお金をどんどん使ってしまうような傾向があり、返済に回すお金のことまで頭が回らないといった見方をしているカードローンの会社の人間がいるということなのです。

したがって、絶対にギャンブル目的では審査に通らないとは言えないものの、例えばギャンブル目的のケースでカードローン30万の融資のの審査に通ることは少ないと思います。ギャンブル目的ではカードローンを利用したいという人は少ないかもしれませんが、そういう使い道でお金を貸してくれるケースはあまり多くないというのは、利用前に知っておかないといけません。

とはいっても、どの会社もNGとしているとは限らないので、いくつか当たっていけば貸してくれる会社は存在するかもしれませんが。でも、使い道がどうであるか?以前に安定した収入などをきちんと備えていないといけないので、こちらで審査に落ちる可能性も残っているので注意をしましょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ