「旅館 越前谷」素晴らしい夏の思い出。

口コミの投稿者:moriron2014
(観光地・・・新潟県 31歳)

今から十年位前、私が20代の時。の誘いで、新潟県南魚沼市六日町に旅行に行きました。
母がテレビ番組でそこを紹介していたので、一度行ってみたかったのだそうです。
そこで、たまたま予約した「越前谷」という旅館で、オーナーやスタッフの方々にとても良くしてもらい今でもその時の記憶が鮮明に残っています。

昼は、母と二人で旅館のオーナーの男性の方に車に乗せてもらい、鮎を釣りに行きとても楽しかったです。
旅館の方が、私達の昼食の為に用意して下さった「塩むすび」がとても美味しく、炊きたてのおにぎりに塩をかけた、見た目は至ってシンプルなものだったのですが、さすがお米の本場、新潟のお水と米が作り出した結晶とも言えるような美味なお味でした。
そして、特に良かったのは夜でした。

オーナーの善意で、夜は旅館の近くで蛍を見せてもらいました。
でも、それがただの二、三匹の蛍見物ではないのです。
私も母もおそらく人生で初めてというくらい、とにかく物凄い数の蛍でした。
夏の漆黒の闇に、薄黄緑色の光の小さい玉が、無数に飛び交い、時折、気が付くと私達の肩に、数匹停まっていました。
都会では、絶対に見れない光景は、今でも、目に焼き付いています。
そして、こんな素晴らしい所にお金も取らず連れて来てくれたオーナーに、ただただ感謝するばかりでした。

話は変わりますが、実は、この旅館。
見た目はそれほど大きくなく新しくもないのですが(失礼な言い方ですみません!)、あの昭和の大物政治家、田中角栄氏もよくお泊りになっていたそうです。
私達が帰る際に、オーナーがさりげなく教えてくれて、宿泊した部屋まで見せてくれました。
部屋は、私達の泊まった部屋と大きさも内装もほとんど変わらず、小さい純和風の部屋でした。

思えば、その時のオーナーの話し方も、観光地によくある自慢げに看板出したり(「昭和の大物政治家が泊まった部屋」みたいな)とか、見物料金も取らず、さも得意げに話したりもしない、謙虚さが素晴らしかったと思います。
旅先の思い出で、後にも先にもこれほど素敵な時間を過ごせたのは、ここだけでした。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ