ラオスの首都ビエンチャンを紹介

ラオスの首都ビエンチャンを紹介します。ビエンチャンは、タイとの国境のメコン川を挟んだ場所にあります。タイに滞在する外国人が、ビザの更新のために訪れる一番の街ではないでしょうか。

タイに面しているこのビエンチャンでは、ラオス語の他にタイ語も使うことができます。また、お金もラオスのお金の他にタイのバーツを使うことができます。完全に、タイの生活環境が国を超えてきているようなそんな場所です。

このビエンチャンの見所のひとつが、メコン川沿いに毎晩行われるナイトマーケットです。夕方頃からお店ができ始め、暗くなる6時頃には多くの店が営業しています。品揃えはタイのナイトマーケットに近いものがありますが、多少オリジナルなものも売っています。

そのひとつが不発弾を材料にしたスプーンなどです。日本に住んでいる分にはとても珍しいものではないでしょうか。また、ラオスは過去フランスの植民地であったために、フランスパンをつくり街中で売っています。ベトナムのパインミーに似た、カオ・チー・サイ・クワンと言うオリジナルのサンドイッチがあり、小腹がすいた時にちょうど良いです。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ